怖がりの猫には

にゃんにゃん同士にも相性があるでしょう。野生のねこの場合は勢力範囲がおっきいので、うけ入れられない相手がいれば触れ合うことを逃れられますが、限られた空間で過ごす室内飼いニャンニャンの場合はそんなに上手くいきません。健康状態が悪い訳でも、環境が変わった訳でもないのに大好物を突然食べなくなるケースも時おりやってきます。

にゃんこは食べ物に拘りが強いものですが、自然界では年がら年中同じ獲物に出っくわすとは限らないので、時どき違う食べ物を要することもあるでしょう。

わんこは人につき、ねんねこは住家につくと言われますが、これは猫が自分の島を他の何よりも大事にし、環境のうつり変わりを気に喰わないことを記した言葉です。ネコのこの資性は、野生時代から育まれたルールです。

野生では体力がなくなった動物はまず先に敵の食い物となるため、病み患いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な箇所に隠れて癒えるのを待ちます。この特有性はニャンニャンももっており、健康状態が悪くなると縁の下や物置などに身を秘し隠すのだと言えます。
匆匆たるときに限ってというのはひと所感で、ねこにはそんなつもりは根っからありません。

忙しく跳び回る飼い主の足に狩り出す本能がかきたてられて、ついまといついたり、食いついたりしてしまっただけのことです。

夕刻や深更になると部屋中を慌ただしいスピードで跳ね回ったり家具の上に跳びあがったりするネコはすくなくありません。

ストレスや運動不足から起こる異様な行動ではと憂慮する方もいると思いますねが、これは多くのニャンコに見られるごく自然な言動です。わんちゃんが病気と分かった時点で、その症状の改善策や進行ぐあいを遅らせていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えつづけることが必要となるでしょう。

これはオブリゲイションではありませんが、わんわんに長生きしてほしいと思うなら、特別療法食を与えることが現在の段階では確実な選択です。

わんちゃんのおもちゃの多くは、飼い主さんがいないときにあげてしまうと危険性があるでしょう。中でも布製のおもちゃは、難無く損壊?してしまい、ワンワンだけの環境のなかで与えてしまうと、食べるつもりがなくても誤って飲み込んでしまうことがあるでしょう。
ワンワン立ちにはお家を選んだり、食べたいものを選んだり、トライしたいことを好きな時を過ごすなどの自由が全くありません。

飼い主にできることは、ことばの話せないイヌの身になって人生を果た指せてあげることが大事です。人間と同じように、わんちゃんにも栄養のバランスはたいへん重要なことで、ドッグフードの品柄は価格だけで選ぶ訳ではなく、高価だから質が良い、安いから怪しい、という訳ではありません。飼い主さんはそのフードのなかに、どんなものがどんなに入っているかを確認しておかなくてはいけません。

ロシアンブルー モグニャン