月別アーカイブ: 2017年12月

あなたとペットの幸せのために

にゃんにゃんは根本的に自分の思いで触れられるのを好き好むので、ダラダラとなでられるのを嫌がります。

また、触られるのを欲するニャンニャンでも、うんざりするほどされるとコミュニケーションを取りたがらなくなってしまうので、なで方のポイントを抑えておきましょう。

様体が悪いわけでも、外囲が変化したわけでもないのに大好物を唐突に食べなくなるケースも往々来ます。

キャットは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では年がら年中同じ獲物に出会うとは限らないので、ときどき違う食べ物を願うこともあります。

野生のイヌは、一群で生活し、戮力して獲物を捕まえ、集団内の社会的順位に添って獲物を分配して食べていました。

獲物を毎日引っ捕えられるとは限らないので、同時にとても沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

多忙なときに限ってというのはニンゲン所論で、ネコにはそんなつもりは全然ありません。

せわしく走りまわる飼い主の足に遊猟本能がそそられて、つい引っ付きまわったり、食らいついたりしてしまっただけのことです。

わんわんのおもちゃの大概は、飼い主がいないときに与えてしまうと危険をともないます。

中でも布で出来ているおもちゃは、簡単に破れてしまい、ワンちゃんだけの環境のなかで与えてしまうと、食べる気がなくてもなんなく飲み込んでしまうことがあります。

キャットは色々の顔色や身振り、ボディーランゲージを生かして、自分たちに語り掛けています。

ネコとの接触を楽しむために、猫語をきちんと読み取りましょう。

ニンゲンと同じで、わんわんにも栄養のバランスはきわめて大事で、ドッグフードのクオリティーは価格だけで判断できるわけではなく、高いから品質が良い、安価だから危ない、というわけではありません。

飼主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどれだけ入っているかを認識しておかなくてはいけません。

犬は人につき、ニャンコは住家につくと言われていますが、これはニャンコが自分のなわばりを他の何よりも大切にし、環境のうつり変わりを快く思わないことを言い表した言葉です。

ニャンコのこの性質は、野生時代から育てられた定め事です。

群で過ごすいぬにとって飼い主はリーダーですが、本来単独で日々を送るにゃんにゃんにはそのような認知はありません。

ニャンコにとって飼主とは、ひと言でいえば、いろんなことをしてくれる気持ちが楽な同居人という感情でしょうか。

わんわんたちにはお家を選んだり、好んで食べるものを選んだり、試したいことを好きな時間を過ごすなどの自由が全くありません。

飼主に出来ることといえば、言葉の話せないわんこの身になって人生を全うさせてあげることが大切です。

ねこ同士にも相性があります。

野生のキャットの場合は縄張りが広いので、受け入れられない相手がいれば接触を掻い潜れられますが、限られた空間で暮らしている室内飼いにゃんにゃんの場合はそうはいきません。

ワンちゃんが病気とわっかたときは、その症状の改善や進行を遅らすためにも、動物病院で販売している特別療法食を与えることが必要となります。

これは任ではありませんが、わんちゃんにより長生きしてほしいと思えば、特別療法食を与えることが現在の段階では正しい選択です。

野生では弱った動物は先立って敵の標的となるため、病み患いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な箇所に隠れて治るのを待ちます。

この特色はねこももっており、体調が悪くなると縁の下や物置などに身を押しかくすのでしょう。

夕刻や夜更けになると部屋中を凄まじいスピードで走り回ったり、家具の上に飛び上がったりするニャンニャンはすくなくありません。

ストレスや運動不足からおきる突飛な行動ではと不安を感じる方もいると思いますが、これは多くのねんねこに見られるごく自然な行動です。

猫にフードをあげても食べずに、砂をかけるような振る舞いをして散らかします。

ゴハンが好みじゃないの?と心掛かりになってしまいますが、これはねんねこの本能による行動で、この特有性は排泄物だけでなく、ほぼ同じニオイに対しても現れるのです。

メインクーンの子猫の餌選びにお困りの方はこちら